インフルエンザは感染して症状が重くなると熱が40度以上まで上昇し、日常生活が難しいレベルの倦怠感が発生します。そんな症状が発生する前にインフルエンザウイルスの体内潜伏期間やその間に出来ることなど、発症した場合の対応などを当サイトで紹介します。

  • ホーム
  • 毎年流行するインフルエンザをチェックするアプリ

毎年流行するインフルエンザをチェックするアプリ

毎年のように流行りだすインフルエンザ、特に小さな子供、学童期の子供がいる家庭では細かな情報も見逃すことはできません。
そもそも、日本ではこのシーズンに受験や学校のイベントが集中しています。
インフルエンザに感染してそれに影響が出てしまうことを考えると、予防は徹底しておくことが大切になってきます。
では、具体的にインフルエンザ感染を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。まず手軽な方法として挙げられるのがアプリによる情報収集です。
アプリを使ってインフルエンザがどの程度流行っているのか、今年はどのタイプのインフルエンザが流行っているのかをチェックしていきます。
インフルエンザと一口に言っても、実はその型にはいくつかの種類があります。
どのタイプが流行るのか、それは、毎年のように変わってくることなのでまずはそれを把握することがポイントです。
そして、ある程度、流行りのインフルエンザが把握出来たら、あとは対策を打っていくことになります。
アプリには地域ごとの流行レベル、学級閉鎖情報も公開されています。自分の住んでいる地域で流行レベルが高くなっていれば、それだけ感染のリスクが高くなっているということです。
つまり、不用意な外出は避けるべきですし、ちょっとした油断でインフルエンザ感染を引き起こすことも考えられます。
インフルエンザに感染しないためには、そもそも外出しない、外部との接触を避けるのが一番ですが、学校や仕事があるのでこればかりは難しい話です。
では、より現実的な範囲でインフルエンザを予防していくためにはどうすればいいのか、それがスマホを使った情報収集ということです。
毎年のように感染してしまう、今年こそは注意していきたい、そんな人こそスマホを使った情報収集を徹底していくようにしましょう。
たったこれだけのことでも十分に感染予防を徹底することができます。外出の際にはマスクを常備すること、外出から戻れば手洗いうがいを徹底する事、小さなことからはじめていくのがおすすめです。

地域ごとでインフルエンザ流行レベルが分かる

アプリを使ったインフルエンザ対策、その一番の魅力として挙げられるのが、先に挙げたような地域ごとの流行レベルが確認できるという点です。
家庭に子供がいない場合であれば、地域の学級閉鎖情報を仕入れる機会は極端に少なくなります。
そういった過程であっても、アプリをつかえばその場で情報を確認することができます。
自分の住んでいる場所から近い学校で学級閉鎖があるという事は、つまりその周辺でインフルエンザ感染のリスクが高まっているという事です。
もちろん、感染のリスクがあるからと言って仕事や学校を休むわけにはいきませんが、用心しておくに越したことはありません。
そもそも、インフルエンザをより完ぺきに防ぎたいというのであれば、毎年予防接種を受けるのがベストです。
予防接種を受けたとしてもインフルエンザに感染することはありますが、それでも症状の重症化は防ぐことが出来ます。
重症化を防ぐことができるという事はつまり、その後のスケジュール管理もしやすくなるという事、仕事や学校が忙しいという人にこそ打ってつけの方法です。
この方法にプラスして、日ごろから体調を整えるように心掛けることも大切です。
インフルエンザの感染がおこるということは、それだけ体が弱った状態、感染しやすい状態になっているという事です。
本来、元気な人であればこうした感染も防ぐことが出来るため、感染予防を徹底していきたいという人は参考にしていくといいでしょう。
睡眠時間をしっかりとること、1日3食、バランスの良い食事をとること、事前の情報収集はもちろん大切ですが、こうしたプラスαの工夫も適度に取り入れていくといいでしょう。
たったこれだけのことでも今年のインフルエンザ感染を予防することが出来るかもしれません。

関連記事