インフルエンザは感染して症状が重くなると熱が40度以上まで上昇し、日常生活が難しいレベルの倦怠感が発生します。そんな症状が発生する前にインフルエンザウイルスの体内潜伏期間やその間に出来ることなど、発症した場合の対応などを当サイトで紹介します。

  • ホーム
  • インフルエンザ流行前に予防接種を!

インフルエンザ流行前に予防接種を!

インフルエンザは、毎年冬になると流行する感染症です。
インフルエンザは、湿度の低い乾燥した時期に流行するので、暖房器具で乾燥している冬場に最も流行してしまうのです。
毎年、10月頃から感染者が確認され、12月から2月あたりで流行のピークを迎えます。そして、春になると、だんだんと感染者が減少していきます。
インフルエンザは風邪と非常によく似た症状を引き起こしますが、38度以上の高熱が出たり、倦怠感、筋肉痛などの全身症状があらわれることが風邪と異なります。
また、風邪よりも感染力が強いことも、インフルエンザの特徴です。このインフルエンザは、学校保健安全法で出席停止の感染症に指定されているので、かかってしまうと学校を欠席する必要があります。
また、学校だけでなく、会社でもインフルエンザにかかった場合は感染の拡大を防ぐために、休む必要があります。
インフルエンザは、解熱後2日経つと、感染力が低くなるため、学校や会社は解熱後2日を目安にお休みするか、医師が感染の可能性が低くなったと診断すれば出勤や登校してもかまいません。
インフルエンザは、感染力が強く流行しやすい他に、まれに重症化してしまうことがあるため、気を付けたい感染症です。
重症化してしまうと、急性脳炎や肺炎を引き起こしてしまう危険性があり、最悪の場合には死亡する可能性もあります。
高齢者や喘息や糖尿病などの基礎疾患を持つ人、乳幼児や妊娠中の人は、重症化しやすいハイリスク群と言われているので、注意が必要です。
インフルエンザは、感染した人の咳やくしゃみから感染します。咳やくしゃみのなかのウイルスが知らないうちに自らの手指に付き、食事などの機会に体内に侵入し増殖してしまうのです。
そのため、外出した後には手洗いやうがいをすることで、インフルエンザの感染を防ぐことにつながります。
これは、インフルエンザだけでなく、風邪などの他の感染症の予防にもなるため、積極的に行うようにしましょう。

インフルエンザ予防はハチミツが効果的なの?

インフルエンザの予防は、手洗いうがいが基本的ですが、流行前に予防接種を打つこともインフルエンザの感染予防に役立ちます。予防接種は、もしインフルエンザに感染してしまっても重症化を防止することにもつながります。
そのため、重症化しやすいハイリスク群の人たちは、予防接種は積極的に打つようにしましょう。予防接種は、インフルエンザが本格的に流行する前に打つことが望ましいです。
また、小児や乳幼児の場合は、2回の摂取が必要なので、早目に計画を立てて行いましょう。予防接種の料金は、3000円程度の場合が多いです。
しかし、会社からの補助などを利用すると料金は安くなることがあるため、確認することをおすすめします。
さらに、予防接種だけでなくマヌカハニーをティースプーン1杯程度、毎日摂取することでインフルエンザを予防することができるとも言われています。
マヌカハニーは、抗菌力が非常に強くインフルエンザの発症を抑えることができるのです。ティースプーン1杯でインフルエンザに対する抗菌力は十分なので、簡単にできる予防法だと言えます。
しかし、注意してほしいのは1歳以下の乳幼児にはハチミツはあげてはいけないので、マヌカハニーも与えないようにしましょう。
ハチミツにはボツリヌス菌が含まれておりボツリヌス症を発症する場合があるためです。1歳を過ぎても、初めてハチミツを食べさせる場合には、医療機関が開いている平日の午前中などにすると、いざと言う時に慌てないで済みます。
毎年、たくさんの感染者を出すインフルエンザですが、早目の予防を心掛けることで重症化を防いだり、家族の中の感染者を減少させることができます。流行前に是非、予防接種をしたりマヌカハニーを摂取したりしましょう。

関連記事