インフルエンザは感染して症状が重くなると熱が40度以上まで上昇し、日常生活が難しいレベルの倦怠感が発生します。そんな症状が発生する前にインフルエンザウイルスの体内潜伏期間やその間に出来ることなど、発症した場合の対応などを当サイトで紹介します。

病原体

喘息患者はリレンザを併用してはいけないということはありませんが、吸入薬であるため、十分に注意を払うことが求められます。
喘息用の吸入薬を併用する場合は、喘息用の吸入薬を先に使用するようにしなくてはなりません。
気管支が弱いと、吸入の際にむせることが多いものです。
そこで咳込んで咳が止まらなくなり、呼吸困難に陥ることもあります。
そのため、あらかじめ喘息用の吸入薬を使用し、用心しておくことが望まれます。
リレンザを使用すると、喘息患者の場合、気管支が収縮してしまうことがあります。
そうなると、喘息の発作につながりかねません。
そのため、リレンザを使用する前に、気管支を一時的に拡張させる薬を使用することが大事です。
リレンザは、インフルエンザの予防にも使えます。
インフルエンザの患者と同居している65歳以上の高齢者か、慢性呼吸器疾患を持つ病人などに使用が認められています。
都道府県によっては、そうした条件を満たさなくても、医師の判断で予防薬として使える場合があります。
インフルエンザの感染者と同居していれば、普通は100人中9人くらいはうつりますが、それが100人中1人程度となるので、かなりの予防効果があると言えるでしょう。
喘息患者でしかも高齢者なら、ぜひとも使わせたいものです。
予防のための使用ですから保険は効きませんが、喘息患者の高齢者がインフルエンザにかからなくて済むなら、その価値はあると考えられます。
ただ、常に副作用の危険は、普通の人より多くあることも考慮しなくてはなりません。
吸入時に気管支が収縮しないよう、細心の注意を払うことです。
喘息用の吸入薬をあらかじめ使用することは不可欠と考えておきましょう。
またリレンザは通販サイトで手軽に買えるので、手に入れやすい薬といえますが、個人購入の際には用法用量を守った服用を心がけましょう。

記事一覧

インフルエンザにかかってしまうと、高熱が出ることが多く体の関節部分に痛みを感じたり、他にも鼻水や咳な...

例年ならば、インフルエンザは12月頃から流行し始めて、1月から2月には流行のピークを迎えます。 では...

インフルエンザは、11月下旬頃から翌年の3月下旬頃までに毎年1,000万人以上が感染する感染症ですが...

熱が出る女性

インフルエンザの合併症の1つです。 脳内にインフルエンザウイルスが進入して発症する病気のように思われ...

せきが出る女性

インフルエンザの薬というのは、病院でしか購入できないと思っていませんか?ですが実際にはそのようなこと...

鼻をかんでいる女性

インフルエンザの治療薬として使われるのは主にノイラミニダーゼ阻害薬という種類の薬です。 インフルエン...

クシャミをする女性

インフルエンザA型のの治療薬にはいくつかの種類があります。リレンザはパウダー状の薬を口から吸入すると...